【凍傷-指.com】〜指の凍傷〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
tousyouyubi★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは部位別の凍傷について、指の凍傷を詳しく説明しています。

凍傷は体の先端部分で起こりやすいのが特徴です。体の先端部分は毛細血管が通っているので、血管自体が細くすぐに冷えやすいからです。中でも指は凍傷患者の大多数を占めていて、手の指と足の指どちらも合わせると、9割近くの方が指の凍傷にかかっていると言われているほどです。

指の凍傷の治療も他の部位と同じく、その重症度によって治療は変わります。比較的軽い段階での凍傷であれば、まず加温することが必須となります。40〜42℃程度のぬるま湯にしばらくの間浸けて、水の温度が下がらないようお湯を注ぎながら一定の温度を保ちます。食品の解凍に近いような処置です。この時、徐々に解凍していくに連れ指先に痛みが伴うことがほとんどですが、早い段階では決して止めずに出来るだけ動かさずに続けます。よく血行を良くする為にマッサージを、というフレーズがありますが、この場合は厳禁です。指を振ったりこすったりして刺激すると、解凍に伴って組織を傷付けてしまう恐れがあるので注意しましょう。

症状が著しく壊死が進んだ状態で治癒が困難と判断された場合は、基本的に切除術が選択されます。これは壊死が広範囲に広がらないようにするためですが、その後の日常生活を考えるとやはり戸惑うでしょう。
しかし最近の医療技術の進歩により、指の再生術も認められ始めています。トカゲの尻尾とまでは行かなくとも、人間の指も再生する治癒力を秘めているのです。爪までしっかりと再生出来ることも立証されているため、実際目の当たりにすると驚きと喜びを隠せないでしょう。


⇒ 顔の凍傷


sponsored link



copyright©2013  【凍傷-指.com】〜指の凍傷の症状と治療〜  All Rights Reserved