【凍傷-指.com】〜熱傷と凍傷〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
tousyouyubi★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは温度による傷害のうち、熱傷と凍傷の関係について詳しく説明しています。

熱傷とは高温による皮膚傷害のことで、「やけど」という名で広く知られています。家庭では料理をする際などで使うお湯や油などに接触することで熱傷を起こします。人間の皮膚は45℃以上の熱を帯びることでやけどとなります。45℃のものに触れる場合は早くて1時間以上、70℃のものだと1秒程度で熱傷を起こします。
熱傷は通常熱いものに触れて皮膚の温度が高騰することで起こりますが、熱いもの以外に触れても起こることがあります。酸やアルカリなどの化学薬品に接触することで、化学反応によって起こる熱傷もあります。また、電撃傷といって電流への抵抗によって発生する熱で熱傷を起こす場合もあります。

そして熱いもの以外の熱傷で代表的なのが、凍傷です。凍傷は低温によって起こる「やけど」です。高温による皮膚障害が「熱傷」で、低温による皮膚障害が「凍傷」ですので、対照的な言葉ではあるものの、どちらも皮膚組織が温度によって破壊されるという点で意味としてはほぼ同じなのです。

熱傷も凍傷も体の一部を失う恐れもあるうえ、最悪の場合は死に至ることもある危険な障害だということは言うまでもありません。これらの危険にさらされないよう、日頃から注意することが重要です。


⇒ 凍傷とは

⇒ 凍瘡(しもやけ)

⇒ 低温やけど


sponsored link



copyright©2013  【凍傷-指.com】〜指の凍傷の症状と治療〜  All Rights Reserved