【凍傷-指.com】〜原因について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
tousyouyubi★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは凍傷の原因について、詳しく説明しています。

凍傷の最大の原因は寒冷です。極度の寒さによって体内では血管が収縮し血流が滞り、最終的に細胞に十分な酸素が行き渡らなくなって破壊、壊死してしまうのが凍傷です。
寒さももちろんですが、それに加えて湿度や風も原因に挙げられます。湿度が高いと体内の体温調節機能が狂い、寒い時はより一層寒く感じ、暑い時はより一層熱く感じるようになっています。これは人間が発汗によって体温調節を図っているからです。
また、風を浴びることで体内の表面温度が下がり、これも同じく体温調節機能を狂わせる要因となります。
高所では空気中に含まれる酸素も薄くなります。空気中の酸素が薄くなると、体内の血液中はより多くの酸素を取り入れようと赤血球が多く分泌され、血液が濃縮されさらに血流を滞らせる原因となってしまいます。これに脱水が加わると体力低下は著しくなり、凍傷が起こりやすくなってしまうのです。

他にもアルコールや喫煙も原因に繋がります。アルコールは一時的に血管を拡張させる効果はあるものの、その後は体温低下を伴いますので摂取しない方が良いでしょう。喫煙も明らかに血管を収縮させる働きがあるので、これも凍傷を引き起こしやすい要因となります。


⇒ 症状について


sponsored link



copyright©2013  【凍傷-指.com】〜指の凍傷の症状と治療〜  All Rights Reserved